初エントリ

1番乗りは気持ちがいい。

先月、シャンシャンのご尊顔を拝みに平日の早朝6時に上野動物園まで出向いたのであるが、その時間でも3番乗りであった。1番乗りの女性は朝5時前に来たという。東京は夜も長いが朝もまた早いのだと思い知った。
この新しいオフィシャルサイトは、ODがライブ直前の貴重な時間に練習もせずに構築してくれた。そのため本来はODが1番乗りすべき筋合いなのであるが、彼は昨日から夏休みという名の旅に出たらしい。その隙にゲットする1番乗りは、申し訳なさ2パーセント、出し抜いた感98パーセントである。もちろん、何かを書きたくて1番乗りしたわけではない、単に出し抜きたかっただけである。
などと字数稼ぎのようなことばかり書いてもしょうがない。記念すべき初エントリに何を書くのがふさわしいのか。悩んでみたものの、IND-ENE-VEGAは今年で結成20周年である。やはり結成時の話を綴るのが適当だろうという選択肢しか思い浮かばなかった。

1998年結成。言ってしまえばそれだけであるが、もう少し書いてみたい。
もともとボーカルのyasuyoとギターのODは、高校時代の友人であった。yasuyoは当時まだ大学生で、弘前で「薔薇」という何とも淫靡な響きのガールズバンドで活躍していたらしい。一方、一足早く社会人となっていたODは、八戸で「HETALLLICA」というふざけたバンドをやっていた。
yasuyoとODがいつどこで何を話し合ったのかは知らない。僕が聞いたのは、二人が「シェリル・クロウのカバーをやりたい」と新バンドを立ち上げようとしていたことだけである。
そしてyasuyoは薔薇のドラマーであったyossyを誘い、ODはHETALLLICAのドラマーであったkobaを誘った。
ん? ドラマーが二人?
そう、元々ベースを好んでいたkobaに、HETALLLICAでドラムをやってよと誘い込んだのはODであり、そして今度は新バンドでベースをやれと言ったのもODである。(ちなみに、時は流れて2018年、新ベーシストを迎えるからドラムをやれと言ってきたのも、やはりODである。)

あーなんか書いててムカムカしてきた…
そんなこんなで1998年結成! 続きはまた今度!!

(koba)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中